タグ別アーカイブ: 音楽

音系同人メディアミックス販売会、M3-2017春に参加しました。

タイトルの通り『音系同人メディアミックス販売会、M3-2017春』に参加しました。

このイベントでは、創作サークル『CLOCKWORK SQUARE』にて制作したインディーズCDを主に販売しました。
昨年初めて『ボーパラ名古屋』という同人イベントに参加して、CDを販売することに手応えを感じたのですが、今回のM3は売り手も買い手も膨大で、自分たちや近辺のブースを見ている限り、知り合いが少ないとCDを見てもらうことも出来ずなかなか厳しい状況だと実感しました。

創作活動はとても楽しいですが、反面、せっかく作ったものが評価されない(売れない)、本業が忙しく創作に手が回せない、在庫を抱えて新作を作る費用を捻出出来ない、など、活動を続けていく間には様々な困難も待っています。

お世話になっているシンガーソングライターの方が「プロになりたいシンガーの子は自分のCDを作ることに夢中になるけど、作ることより売る方が大事だって教えてる」と言っていました。私も同感です。

自分自身も、今までは何の宣伝もせずこっそりとYouTubeで自分の歌った動画を載せてみたり、フォロワーのいないtwitterアカウントなどでこっそりつぶやいてみる程度でしたが、最近は外で歌ってみたい熱も上がっているので、今後はもう少しイベントなどへの参加を増やしてみようと考えています。

また、クリエイターを支援する活動についても、これからどのように進めていけばよいのか、改めて考えるきっかけとなり、非常に有意義な時間を過ごすことが出来ました。

クリエイターが自分の創作物でお金をもらうための方法

コーライティングという言葉をご存知でしょうか?
先回のblogで『作家事務所でコライトをしてきた』と書きましたが、内容は同じです。

コーライティングとはCo-Writingのこと。つまり共同制作です。
以前から海外の音楽制作現場では恒常的にコライトが行われていました。
日本では最近やっと始まりつつある、といった状況でしょうか。

以下の記事をご紹介します。
日本でおそらく初めてコライトに取り組み始められた伊藤涼さんの記事です。

初心者でも大丈夫?仲間がいなくてもできるの?話題のコーライティングにチャレンジしてみよう!

最近はコンペに参加する作家が増えたためか、なかなか決まらないのが現状です。一方、採用される作家は何度も続けて採用されることが多いのです(詳しくは前述の記事を読んでみてください)。そこで、実力のある作家同士が組んで、あるいは新人作家がトップクリエイターと組んで作品を生み出し、採用につなげていく方法がコライトです。

私は記事に出てくる伊藤さんと山口さんの著書最先端の作曲法 コーライティングの教科書 役割シェア型の曲作りが、化学反応を起こす!』を読み、自分なりに試行錯誤しています。
ですが、なかなか独力では思うようにいかないですね。まだ日本のクリエイター、特にアマチュアシーンでは、作曲は作曲、作詞は作詞、と別々の意識が働いているようです。

さすが作家事務所内ではコライトの意識が進んでいて、実際に約2時間半ほどで1コーラスの曲が完成しました。この作品がいつか世に出るように願いつつ、また次回も参加する予定です。

紹介した記事の中にAudiostockというサイトが紹介されています。音楽版のPIXTAのようなイメージでしょうか。
このように、会社に所属していなくても自分の創作物を販売出来るサイトは他にも様々あります。今後もっと増えて、クリエイターやクリエイターを目指す人たちが収入を得られるような社会に発展していくことを私は願っています。

そして、私自身も現在あるサイトを研究し、さらにクリエイターが幸せになれるような仕組みを作るための準備をしているところです。

そのための勉強も始めていて、今朝は学び舎で定期的に開催されている朝勉強会に参加してきました。
出勤前に参加出来るように朝7時から行なわれているので、夜行性の私にはなかなか厳しい活動なのですが、今後も続けていこうと思います。

今回の勉強会では鳥居祐一さんという方のDVDを参考に学んできました。
今回は主催者から鳥居さんの本をプレゼントされたので、倍以上の有意義な勉強会でした。
(友人と二人でそれぞれの本を喫茶店で読み、交換して帰宅しました)

これからこのblogでもっともっと良い情報を提供していきます。
それではまた!
 鳥居さんの著書
伊藤さんと山口さんの著書

Mikey