カテゴリー別アーカイブ: blog

音系同人メディアミックス販売会、M3-2017春に参加しました。

タイトルの通り『音系同人メディアミックス販売会、M3-2017春』に参加しました。

このイベントでは、創作サークル『CLOCKWORK SQUARE』にて制作したインディーズCDを主に販売しました。
昨年初めて『ボーパラ名古屋』という同人イベントに参加して、CDを販売することに手応えを感じたのですが、今回のM3は売り手も買い手も膨大で、自分たちや近辺のブースを見ている限り、知り合いが少ないとCDを見てもらうことも出来ずなかなか厳しい状況だと実感しました。

創作活動はとても楽しいですが、反面、せっかく作ったものが評価されない(売れない)、本業が忙しく創作に手が回せない、在庫を抱えて新作を作る費用を捻出出来ない、など、活動を続けていく間には様々な困難も待っています。

お世話になっているシンガーソングライターの方が「プロになりたいシンガーの子は自分のCDを作ることに夢中になるけど、作ることより売る方が大事だって教えてる」と言っていました。私も同感です。

自分自身も、今までは何の宣伝もせずこっそりとYouTubeで自分の歌った動画を載せてみたり、フォロワーのいないtwitterアカウントなどでこっそりつぶやいてみる程度でしたが、最近は外で歌ってみたい熱も上がっているので、今後はもう少しイベントなどへの参加を増やしてみようと考えています。

また、クリエイターを支援する活動についても、これからどのように進めていけばよいのか、改めて考えるきっかけとなり、非常に有意義な時間を過ごすことが出来ました。

世界は意外と簡単に変わるのかもしれない。

最近どんどん自分の周りの環境が変わっていっているような気がします。
それは気のせいかもしれないし、実は元からどんどん変わっていることにやっと気づいたのかもしれないし、本当に変化が加速しているのかもしれない。

最近実用書(ビジネス書)などを読む割合が増えてきていて、それらは常に同じ本質を示しています。本当に大切なことというのはシンプルなんですね。

やるかやらないか

たったそれだけです。
ダイエット本もそう(笑)
方法は自分に合ったものを選べばいい。
実行すれば変化する。実行しなければ何も変わらない。
ただ、それだけ。

自分に合った方法、自分が信じられる方法を見つけることは大事です。
そうじゃないと続かないですからね。

私はずっと、自分がクリエイターとして大成しなければ、クリエイターが報われる世界に変えられれないと思っていました。正直辛かったです。なぜなら、私はクリエイターとして大成する方法を知らなかったから。

昨年は作詞家として非常に忙しく活動していました。お陰で自分にとっては過去最高の実績を積むことが出来ました。でも、それは自分にとって過去最高なだけで、客観的に見れば成功しているとはとても言えないのです。歌詞の採用率が上がったというよりは書く量が増えたから必然的に採用が増えたというだけでした。それでは自分さえ救えない。書いても書いても書いても〆切はどんどんやってきて、元々アインシュタイン並みのロングスリーパーなのにナポレオンのような睡眠時間の生活をしていたので心身はボロボロでした。
それが原因ではないと思うけど玉突き事故に巻き込まれ、腕の痺れと痛みがなかなか治らないためか(それとも単に睡眠不足のせいか)過去によく起きていた原因不明の胸痛が復活したり、去年から本当にいろいろなことが現在進行形で起きています。

こんな状態をこの先いつまでも続けていられるはずがない、なんとかしなければと考えていた時、web上のとある記事が目に入りました。そこから、しばらく読んでいなかった実用書、ビジネス書、著者のblogや動画などをチェックし始め、最近やっとメンターと呼べそうな人物を見つけることが出来ました。

『呼べそうな』と書いたのは、私が未だメンターについて完全に理解しているとは言い難いからですね。メンターという言葉も数年前まで知らなかったのですが、その言葉を初めて知った時はメンター=心の師だと思っていたので、私にとってのメンターは曽祖母の兄しかいないと思っていました。
祖父は二人とも私が生まれる前に亡くなっていたので、実質私にとってその人は祖父のような存在でした。私が4歳の頃に亡くなったので、幼児だった私にとっては知識を与えてくれる神のような存在でした。彼の話については、まぁこの辺にしておきます。
今の私にとってのメンターとは、自分が目指す将来のお手本になる人物です。今はその方のもとで学んでいるので、あながち間違いではないと思うのですが……

私の師も「言い訳せずにとにかくやること!」と言っています。
やってみなければ、それがいいのか悪いのかも分かりません。
今私が目指している方向だって、もしかしたら非効率で他にもっと簡単な道があるのかもしれない。でも、それはやってみなければ分からないのです。逆にやってみたら、誰かが「もっといい方法があるよ」と教えてくれるかもしれません。

私が『なんとかしなければ』と本気で考え始めたのが、だいたい半年ほど前のことです。その頃はまだ考え始めたばかりで、実際何をすれば良いのか分かっていませんでした。
ネット上で知り合った人と直接会う機会があり情報交換などしている間に、別のところで動いていた友人の情報を知り、年明けからインプット量が増えてきたこともあって、動きが加速し始めました。
師を見つけたのは今年に入ってからです。ちょうど学び始めようとしたときに、それまで働いていた仕事の一つが終了となり、学ぶ時間が増えました。去年と比べると作詞量も落ち着き、しかも家族も新しいことを始める私を応援してくれるので、正に自分が望んだ世界に変わってきています。

もう、頑張るしかないですよね(笑)

そんなこんなで、今はまだ学びの時なので上手くまとめることが出来ませんが、色々と水面下で動いています(急に動きすぎて先週はしばらく寝込んでいたりもしましたが、まぁ人間なかなか簡単には死なないですねw)。
クリエイターである私は、他のクリエイターのためになることをすることで自分自身を救うことが出来ると信じています。

だからやる

ただそれだけです。
もし自分の状況を変えたいと思ったら、騙されたと思ってこの本を読んでみてください。

恐らく、読んでも意味がよく分からないと思います。少なくとも私はさっぱり理解出来ませんでした。この本だけでやるべきことが分かったなら、ぜひ実行してみてください。
もし分からなかったら、関連する本やDVDなどがたくさんあります。手当たり次第に読んだり見たりしてみましょう。きっと自分に合うものが見つかると思います。
DVDならこの辺りが良いかもしれません(この内容も私にとっては難解ですw)。

ちなみに、私は引き寄せという言葉は他力本願な気がして好きではないです。神様にも祈らないし願掛けもしません。自分が動けばいいと思います。
それではまた!

Mikey

クリエイターが自分の創作物でお金をもらうための方法

コーライティングという言葉をご存知でしょうか?
先回のblogで『作家事務所でコライトをしてきた』と書きましたが、内容は同じです。

コーライティングとはCo-Writingのこと。つまり共同制作です。
以前から海外の音楽制作現場では恒常的にコライトが行われていました。
日本では最近やっと始まりつつある、といった状況でしょうか。

以下の記事をご紹介します。
日本でおそらく初めてコライトに取り組み始められた伊藤涼さんの記事です。

初心者でも大丈夫?仲間がいなくてもできるの?話題のコーライティングにチャレンジしてみよう!

最近はコンペに参加する作家が増えたためか、なかなか決まらないのが現状です。一方、採用される作家は何度も続けて採用されることが多いのです(詳しくは前述の記事を読んでみてください)。そこで、実力のある作家同士が組んで、あるいは新人作家がトップクリエイターと組んで作品を生み出し、採用につなげていく方法がコライトです。

私は記事に出てくる伊藤さんと山口さんの著書最先端の作曲法 コーライティングの教科書 役割シェア型の曲作りが、化学反応を起こす!』を読み、自分なりに試行錯誤しています。
ですが、なかなか独力では思うようにいかないですね。まだ日本のクリエイター、特にアマチュアシーンでは、作曲は作曲、作詞は作詞、と別々の意識が働いているようです。

さすが作家事務所内ではコライトの意識が進んでいて、実際に約2時間半ほどで1コーラスの曲が完成しました。この作品がいつか世に出るように願いつつ、また次回も参加する予定です。

紹介した記事の中にAudiostockというサイトが紹介されています。音楽版のPIXTAのようなイメージでしょうか。
このように、会社に所属していなくても自分の創作物を販売出来るサイトは他にも様々あります。今後もっと増えて、クリエイターやクリエイターを目指す人たちが収入を得られるような社会に発展していくことを私は願っています。

そして、私自身も現在あるサイトを研究し、さらにクリエイターが幸せになれるような仕組みを作るための準備をしているところです。

そのための勉強も始めていて、今朝は学び舎で定期的に開催されている朝勉強会に参加してきました。
出勤前に参加出来るように朝7時から行なわれているので、夜行性の私にはなかなか厳しい活動なのですが、今後も続けていこうと思います。

今回の勉強会では鳥居祐一さんという方のDVDを参考に学んできました。
今回は主催者から鳥居さんの本をプレゼントされたので、倍以上の有意義な勉強会でした。
(友人と二人でそれぞれの本を喫茶店で読み、交換して帰宅しました)

これからこのblogでもっともっと良い情報を提供していきます。
それではまた!
 鳥居さんの著書
伊藤さんと山口さんの著書

Mikey

思考の多動

他のことについて記事を書こうと思っていたのに『思考の多動』という言葉を見つけてついつい関連記事を読み耽ってしまいました。
まさに『思考の多動』が脳内で起こっているので、書こうと思う記事について一通り考えるとどこかへ行ってしまうのです。

私は子供の頃からこの『思考の多動(ADDと呼ばれるような症状)』に悩まされているので(あ、でも診断も治療もしてません)、少し書いてみようと思います。

思考の多動が原因かどうかは正直分かりませんが、私は子供の頃から喋るのが遅く(今はこれでも子供の頃の倍くらい早くなっています)、幼児の頃は知的障害があるのでは、と疑われていたようです。
幸か不幸か知能はそれほど低くなかったので普通に進学しましたが、時間通りに学校へ行くことや宿題をやることなどは苦痛で…というか出来ませんでした。

また、これも多動が原因かどうかは分かりませんが、親からは(私にとって)意味不明な理由でいつも怒られていました。行動の多動はなかったため周りの人からは『大人しくていい子』と言われ、それが余計に私を混乱させました。ちなみに今は環境が変わり、自由に創作活動が出来る幸せな日々を送っています。

個人の実感として、絶対とは言いませんがクリエイターには多動傾向がある人が多いと思います。
以下の記事にもピカソやダリがADHDだったのではないか、と書いてあります。

ピカソやダリと似ている!? ADHD系絵描きさんの5つの特徴と役立つアドバイス

あ、そうそう。何を書きたかったのか思い出しました。
クリエイターは自分の作品で対価を受け取ることについて考えた方が良いのではないか、という内容です。

私は学生の頃から自分は一般企業での事務職には向いていないと自覚していて、創作物を完成させることが出来ないうちから『創作で身を立てたい』と思っていました。まぁ、今現実に身を立てられているかどうかはご想像にお任せしますが、私はクリエイターであると自負しています。

いずれまた別の記事にまとめる予定ですが、今後AIや外国人労働者が従事する仕事が増えていくので、たとえ趣味でも現在創作活動をしているのならば、その創作物をきちんと売ることを考えた方が良いのではないか、と思っています。

もちろん、人それぞれ考え方は違うので、この考え方だけが正解、などというものはないのですが、少なくとも私は自分の創作活動に対してきちんと対価をもらえるようにしたい、と考えています。

今日はこのへんで。それではまた!

Morris

新経済サミット2017に参加しました。

最近ビジネスについて学んでいるのですが、教えてくださっている方から『新経済サミット2017』というイベントをご紹介いただき、参加してきました。

聞けば誰もが知っている有名な会社のCEOが何人も登壇して、自身のビジネスの話や業界の先行きなどについて熱く語る非常に濃密な二日間でした。二日間とも講師のおかげでほぼ最前席で観ることが出来ました。本当に感謝しています。

どのスピーチも興味深かったのですが、個人的に勉強になったのは初日に行われた『NEST STARTUP CHALLENGE』です。

私はビジネスについて学び始めたのがごく最近で、エコシステムビルダーという言葉も全く知らなかったのですが、始めたばかりの事業を応援する団体が日本に数多く存在するということを知っただけでも大きな学びでした。また、プレゼンを聞いて、もし自分ならこのプレゼンの真似をしたい、こういう言い方の方がもっと伝わるかもしれない、と非常に参考になりました。

一緒に参加した人たちと自分の感覚が違っていたことも印象的でした。
クリエイターは他の人と感覚が違う、馴染めないと感じている人が多いように思いますが、他の人の感覚を知ることも大切なことだと思います。

二日目はなんと言ってもXJAPANのYOSHIKIさんを間近で見ることが出来たのが嬉しかったです。
YOSHIKIさんの起業家としてのお話を聞く前に退席しなければならなかったのは残念でしたが、素晴らしい演奏は最後まで聞くことが出来ました。

私も音楽業界に携わる身として偉大な音楽家のYOSIKIさんと同じ場所に、それも本当にすぐ近くにいられたことでエネルギーを共有出来た気がします。

この二日間は、せっかく東京まで行くのだからと予定を詰め込み、作家事務所でコライト体験をしたり、提供させていただいてるアーティストの公演を見学したり、本当に盛りだくさんな内容でした。

今回は直近に再び上京予定があるため久しぶりに深夜バスを利用したため、PCを持ち歩けなかったり、予定が早まったのに家に帰れなかったり、家にたどり着いたのに鍵を忘れて入れず、ほんの少しの仮眠でまた外出しなければならなかったり、上京中に様々な仕事の依頼があったりなど、課題点もありましたが今後に活かしていこうと思います。

ビジネスはスピードが命、ということで帰宅して一番にこの記事を書いています。
blogの更新も頻繁に行う予定ですので、良かったら読んでくださいね。

それでは!

Mikey

色々勉強中

クリエイターが報われる世界を作りたいということは、遡るとかなり以前から考えていたのですが、それまでは自分がまずクリエイターとして大成してから動く、というのが近道だと思っていました。

でも、近道だと思っていた道は長く険しく果てしなく……未だたどり着きません。
そこで、進む方向を少しだけ変えてみたのです。
でも、クリエイターであり続けることもやめていないので。
これからも色々作り続けます。

Mikey

クリエイターが報われる世界を作るために出来ること

このblogにも、自分のビジョンを書いておこう……と思ったら、すでに書いてありましたw
私がやりたいのは

クリエイターが報われる世界を作る

です。

前回のblogでは、そのためには自分がクリエイターとして成功しないといけない、と思ってそんな風に書いたのですが、あれからちょっと気持ちが変わりました。早いw

実はアドバイザーに相談したところ、自分が考えていた方法とは違う道を示してもらいました。
過去のことなど色々話したんですけど……結構自分の過去って壮絶でした。ほぼ忘れてますけどねw
ここには詳しく書かないと思いますが、死ぬか生きるかの状態が長く続いていました。

クリエイターとしてしか生きる道がないと思って自分なりに努力して、才能のなさに打ちひしがれていましたが、別の道もあるんだと気づかされて、とても安心しました。

私はクリエイタータイプ(某タイプ別診断では別の名前ですが)なので、一般企業などで求められる人間像とはかけ離れているのです。ある程度までは一般人のフリも出来るけど、正直辛いです。
一般の人の何十倍も『普通に生きること』に注いでいるのでクタクタです。しかも、その世界で評価されてもあんまり嬉しくない。自分ではない偽りの部分が評価されているわけなので。
世の中には一定数、私みたいな人がいるんですよね。
そういう人たちが生きやすい場所を提供できたらいいな、と思ってます。

まだまだ始まったばかりなので、まだ『コレ!』という具体的なことは書けないけど、やりますよ!

Mikey

信じる力が強ければ強いほど願いは叶う

最近気づいたことがあるので書いてみます。
信じるかどうかはご自由に。

実は、私は夢を叶えるために神社にお参りしたり開運グッズを用意したり、引き寄せという言葉を使ったりするのが好きではありません。
神社へのお参りもここ数年行ってませんし、以前から、神社に行くことがあってもお参りでお願いをすることはありませんでした。

それでも、ここぞという願いは叶えてきました。
なので『願いを叶える方法は神様にお願いする以外の方法がある』と思っていました。

でも、気づいたんです。
願いを叶えるために神社にお参りする人と、私が願いを叶えてきた方法が同じだということに。

それは……

『どれだけ強く願うか』

なんです。

入り口がどうであろうと『自分の願いが叶うと信じて強く願う』ことが願いを叶える方法だと思います。
自分を信じるためのやり方を伝える『言葉』が違うだけです。
もっと言うと、住んでいる星が違う感じです。

だから、自分が納得出来ないやり方はいくら真似をしても願いは叶わないと思います。
神社で神様にお願いをするのが好きではないのに、お願いしたって叶うはずがないのです。
だって『こんなことしても無駄』って自分で決めつけているんだから。
そのことに気づいてから、少し気が楽になりました。

また『お金が理由で成功したいと思うのは間違っている』という考え方も間違っていると思います。
日本では『お金は汚いもの』と捉えられてしまっているので仕方のない部分もありますが、お金は別に綺麗でも汚くもないのです。お金は感謝の気持ちだったり信頼の証だったりします。

逆に心から信じられるなら、例えば『朝逆立ちをすると絶対願いが叶う』みたいな適当なことでも効果が得られると思います。
イワシの頭も信心からってヤツですね。
世の中にはいろいろな開運の方法が溢れているので、自分が納得出来る方法を探してみてはどうでしょうか。
ただし、他人に迷惑をかけるような願いは、たとえ叶ったとしても後からしっぺ返しがくると思いますよ。

私の願いを叶える方法は、このblogに以前も書きましたが『人に話す』というものです。
それ以外にも『心に決める』という方法もあります。
『やりたい』とか『やれたらいいな』ではなく『やる』と決めるのです。
あとは信じて本気で取り込むだけですね。

私の最終的な目標は『クリエイターが報われる世界を作る』ことです。
それには仕組みを変えなければいけないし、まずは自分がクリエイターとして成功しないといけません。
実は最近新たに決めたことがあって……そのおかげで毎日バタバタしています。
ワクワクしますねっ

 
年明けに興味が湧いて読んだ本をご紹介します。
本屋さんでこの本を見ていた時に、通りかかった人が

「この人大っ嫌い! 絶対この人の本なんか買わない!!」

と言っていたのが衝撃的でした。
ご本人も自覚されているようですが……
でも、好きも嫌いも表裏一体です。
私は実はまったくこの人のことを知りませんでした(汗)
あ、絵本を描いてる芸人さんがいる、程度は前から知ってたかな。

人から嫌われるのは正直怖いけど、ここまで注目されると、嫌われるのも一緒なんですよね……
う〜んでもやっぱまだ怖いかなw

Mikey

速読のすすめ

今年は本をたくさん読もうと思っています。
1月は100冊まであともう少しの95冊でした(2017年1月)。
(次の日に10冊読んだけど、カウント出来ないですよね)
もともと漫画や実用書を読むのは割と早い方なのですが、小説を読むのはなかなか早くなりません。

ちなみに、漫画や実用書は一冊5〜20分で読めます。
(5分で読める漫画はそのあとだいたい3回くらい読み返すから、やっぱり15分ですかねw)
小説は300ページくらいのものだと2時間くらいかかってしまうので、なかなか手が出せないんです。
ダン・ブラウンの「天使と悪魔」やスティーグ・ラーソンの「ミレニアム・ドラゴンタトゥーの女」などは止まらなくなって徹夜で読んでしまったので、続きも徹夜になるかと思うと読みたいけど読めないという……(笑)
  
 

速読の本も読んだことがあるのですが、参考書や実用書を早く読むための内容が多くて、小説を早く読む方法はあまり書いてなかったのでした。

  

勉強に速読を活用したい人には参考になると思いますよ!
誰か小説を早く読む方法を教えてくれないでしょうか……

拙作は短編なのですぐに読めますよ(笑)
よろしければ是非!

morris mini

夢を叶える方法

(以前、別の名前で別の場所に書いていたものを再掲載しています)

夢は願えば必ず叶うものじゃなくて
ただ努力すればいいものでもなくて
叶うこと自体が奇跡だったりするんですよね。
大きければ大きいほど。

残念な話ですがこれは事実です。
でも。。。
叶う可能性が高くなる方法はあります。

森守もそれで夢を叶えました。
その方法は。。。

 

それは、
『誰かに(自分の)夢を語ること』
です!

不言実行はすごいことですが、
なかなか出来ることじゃないのです。
私のような意志が弱い人間は、すぐ怠けます(^^;)

でも、誰かに自分がやりたいことを話したら、
努力するしかないじゃないですかw
それに『自分のやりたいこと』が明確になります。
それに、もしかしたらアドバイスがもらえるかもしれない。
そして、サポートしてくれるかもしれない。

私の場合は、作詞家を目指して作家事務所に所属するところまでは
誰にも言わずに密かに行いました。
何度もコンペに挑戦して、何度も負け続けて。。。。。
ふと、思ったんです。
『誰かに言ってみよう』
って。

そして、家族にそっと打ち明けました。
そしたら、その後すぐ、採用されてデビューが決まったんです!

誰かに打ち明けるのは勇気がいると思います。
でも、努力して、あと一歩のところで手が届かない時、
その勇気が次の扉を開けてくれるかもしれません!!

この本を読むと、作詞家になる方法が分かると思います。
体験版と初級編なので、まだ触りだけなんですけどね。
 

morris mini